つちかわれた伝統と地場産業を明日へ伝える総合産業会館 プライバシーポリシー一般財団法人小千谷市産業開発センター
サンプラザ予約状況の確認は〔電話〕0258-83-4800 info@ojiyasunplaza.jp
小千谷市総合産業会館サンプラザ 小千谷市錦鯉の里 オンラインショッピング アクセスマップ 小千谷観光 リンク集
小千谷市総合産業会館サンプラザ 小千谷市内観光また魚沼地域観光めぐりのお食事、おみやげ品の購入ににぜひ、一度サンプラザにお立ち寄りください。
トップページ ご利用案内 団体のお客様へ 売店コーナー ホール貸出業務 織物工房 お食事処
小千谷名物 へぎそば
 なめらかなのどごしと、シコシコ歯ごたえのある食感が、そば通から愛されている小千谷そばは、江戸時代後期から食されるようになったと言われています。一般的に、そば粉のつなぎには小麦粉や山芋、山ゴボウの葉、卵白などが使われますが、小千谷そばには布海苔(ふのり)が使われます。
魚沼産コシヒカリ

 魚沼産コシヒカリの独特の甘みと粘り気は、日中と夜の寒暖の差が激しいことで生まれます。
水晶のような輝きと冷めてもなお美味しい魚沼こしひかりは小千谷の逸品です。
新潟の地酒

 金賞受賞の蔵元が丹精込めて醸した小千谷の地酒。
米どころならではの酒米と清らかな水が越後杜氏により辛口ですっきりとした切れ味の地酒になりました。
  
 
【大好評】おいしいコシヒカリと名物へぎそば
 日本一のコシヒカリと名物へぎそばの自慢の味は、訪れるお客様を十分満足させてくれます。1F 味の名店街では3テナントを配し、へぎそば、ラーメンをはじめ、地酒などをたっぷりと味わうことができます。

小千谷そば 角屋 サンプラザ店
食通と呼ばれる方々にも是非おすすめしたい本物の味わい。
 小千谷のへぎそばは良質なそば粉をふんだんに使い、つなぎに布海苔(ふのり)を使って打ち上げます。打ち方にも独自の工夫がこらしてあり、その腰の強さと歯ざわりの良さ は広く知られています。
”へぎ”は当地方独特の呼び名であり、その意味は剥板を表しています。 即ち、檜材を薄く剥いで折敷(おしき)を作り、その角盆の中に 一口そばを三十個程並べたものがへぎそばです。

てんもり
揚げたてサクサクの天ぷらが付いたへぎそばのセットです。

価格 1,300円
■サンプラザ店 
 新潟県小千谷市総合産業会館内 営業時間/10:30〜14:30 電話・FAX/0258-83-4648
 詳細は「角屋」ホームページをご覧ください。 →こちら
ラーメン つり吉 小千谷店
小千谷店限定の塩ラーメンや季節ごとに登場するこだわりの限定ラーメンがあり、小さいお子様からご年配の方まで、家族みんなでお楽しみいただけます。
チャーシューメン 
やわらかくてジューシーな自慢のチャーシューがたっぷりとのったチャーシューめんです。
価格 850円
みそトーバンラーメン メンマ増し 
豆板醤がきいた辛いスープは、夏バテしやすい夏、冷え込みが厳しい冬、一年を通して、隠れた人気メニューです。
価格 800円
■営業時間/11:00〜21:30
 定休日/なし 電話/0258-89-7136
Dining Booth 一氣
 溶岩石の窯で焼いた「本格ピザ」やパスタ、創作料理、料理にピッタリなオリジナルカクテルなどをお楽しみいただけます。
 お部屋は3〜5名の小人数の完全個室や最大16名様までご利用できる個室がございます。気軽にランチやディナー、また宴会や女子会などなど様々なシーンでご利用ください。
一氣のナポリタン
仔羊のロティ 〜ポートワインソース〜
 
■営業時間
[ ランチ] 11:30〜15:00(LO14:00)
[ Beer time ] 日〜木 17:30〜23:00(LO22:00) 土、日、祝前日 17:30〜24:00(LO23:00)
定休日/不定休 電話/0258-83-2244 FAX/0258-83-2244






【お問合せ】
小千谷市総合産業会館サンプラザ 小千谷市錦鯉の里 小千谷織物同業協同組合
〒947-0028新潟県小千谷市城内1丁目8番25号
【電話】0258-83-4800
【FAX】0258-82-1330
【E-mail】info@ojiyasunplaza.jp
〒947-0028新潟県小千谷市城内1丁目8番22号
【電話/FAX】 0258-83-2233
【E-mail】nishikigoi@ojiyasunplaza.jp
【電話】0258-83-2329
【FAX】0258-83-2328
【URL】http://www.ojiya.or.jp